休職・退職しても困らないように 退職せざるを得ない場合

退職前に必ずやっておくべき事。

投稿日:

会社を退職する事、それは多くの人にとって人生の切り替えのタイミングです。
人によっては新しい会社でスタートを切るウキウキするタイミング
また人によっては辞められてせいせいした!と思っている方もいるでしょうか。

僕の場合は、いつの間にか退職の日が決まっていました。
もちろん会社から連絡は来ていたのですが、
当時の僕は廃人のような状態で、まともに受け取ることも出来ませんでした。

ですが、
会社を退職する時には、やらなければならない手続きがあります。
それは会社に対してというよりは、自分が次のステップを踏むために大切にしてもらいたい事です。

もし今あなたが、以前の僕のように辛い状況に置かれていて何もする余裕がないとしても、退職前にこれだけはやっておいてほしい
そんな内容をまとめました。

退職の時に受け取るもの

退職の時または退職後に受け取る書類があります。
これは次の職場へ転職する時に限らず、社会人として生きる上で必要なものです。

離職票を受け取る

離職票には離職票-1離職票-2の2つがあり、いずれも会社から離職証明書を提出する事でハローワークが交付するものです。
離職票は転職先に前職で働いていた証明として提出するものですが、失業手当の申請に必要なものです。
失業手当には支給要件があり、雇用保険に1年以上加入している方というのが条件です。
また、転職ではなく個人事業主として独立の場合、国民健康保険への加入にも利用します。

ここでちょっと手間なところですが、
この離職票は会社が勝手に用意するものでは無く、かならず退職する本人が確認する必要があるという事です。

会社から離職票が送られてきたら必ず内容を確認して押印し、会社へ送付しておきましょう。

参考:ハローワークインターネットサービス

源泉徴収票を受け取る

源泉徴収票は、会社があなたを雇用しいくらの給料を払っていたかの証明源泉徴収された税金が記載されている書類です。
年度の途中で退職した場合に会社から送られてきます。
年末調整に必要な書類ですので、前職を途中退職した場合に次の就職先に提出しましょう。
転職などを行わない場合には確定申告をする際に必要になる書類です。

源泉徴収票は退職後一カ月以内に交付しなければいけないと法律で決まっていますので
もし届かない場合には会社へ連絡して発行してもらいましょう。

また、源泉徴収票をなくしてしまった場合には勤めていた会社に発行してもらう必要がありますので、紛失した旨を伝えて発行してもらいましょう。

参考:ハローワークインターネットサービス

雇用保険被保険者証を受け取る

雇用保険被保険者証とは、会社に所属していた時に受けていた健康保険の証明となる書類です。
大体の場合は退職時に送られてきますので、次の職場へ提出しましょう。
もし手元にない場合はハローワークで再発行されます。

転職までの期間に間が空く場合でも必ず保管しておきましょう。

参考:ハローワークインターネットサービス

会社へ所属している間にやっておくとよい事

会社へ所属しているという事は、少なくとも日本では社会の信用を得ているという証明です。
こんな事を言うのもなんですが、これは紛れもない事実です。

次の会社へ転職が決まっている時には大きな影響はありませんが、
転職する予定がない場合ですと色々なデメリットも生まれます。

そのデメリットを最小限にするためにも、以下の事をやっておくとよいと思います。

クレジットカードを作る

キャッシュレス化が謳われている現在、クレジットカードはこれからの社会にとって、今よりもさらに必要不可欠なものになっていくことが予想されます。
ですがクレジットカード会社によっては、一定の収入が無ければ申し込めないものがあります。

クレジットカードは、公共料金の支払いだけでも1%程のポイントバックがあるなど、支出の面でも有利に働くものがあります。
退職までに1枚でも申し込んでおくとよいでしょう。

引っ越し、自宅の購入などの契約

会社を退職するタイミングは環境が大きく変わります。
特に収入面は転職先との契約にしても休養を取る場合でも同様です。
その為、このタイミングで住まいを変えたりする場合もあると思います。
ですがもし休養をとられる場合には、退職された後では借りられる物件にも差が出てきます。
現状の収支を見極めつつ、この機会に引っ越しを行うのも一つの方法です。

最後に

いかがでしたでしょうか?
退職というのは、これからの人生ががらりと変わってしまうかもしれないほどの大きな岐路だとも言えます。

もしかすると今とてもつらい状況で、今自分が置かれている状況すら考える余裕もないかもしれません。
もちろん先のことなど考える余裕も、動き出すことも難しいでしょう。

でも今日まとめた内容は、これから先あなたの人生を守ってくれる大事な手続きですので、

最低限、離職票源泉徴収票雇用保険被保険者証だけでも進めていくようにしましょう。

休職や退職の関する悩みを誰にも相談できない方は、タムラに相談してみませんか?
実際に僕が経験してきたことを踏まえて、できる限りのアドバイスをさせていただきたいと思っています。

 

-休職・退職しても困らないように, 退職せざるを得ない場合

Copyright© 社会からドロップアウトしても幸せに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.