休職・退職しても困らないように 休職中に使える制度を活用しよう

休職中に無給状態を防ぐ方法。傷病手当金制度を利用しよう

投稿日:

業務上と認められない鬱やケガなどで長期に休まなければならない場合、
多くの会社は休職扱いになると思います。

休職は、一定期間仕事をしなくても雇用契約に違反しないよという
会社との約束のようなものです。

休職中は身体をしっかりと休ませる事が出来る反面、
有給が残っていない場合、その休職期間は当然無給状態になります。

親と住んでいて、休職期間に生活費が何とかなる場合を除き、
無給状態って本当につらい事です。

闘病中の通院や薬代だって馬鹿になりませんので
一定の収入があると無いとでは大きく変わります。

その為日本では、
就業中の企業が入っている健康保険組合や共済組合が
休んだ期間の分を支給してくれる制度があります。

制度の名前は傷病手当金制度と言います。

 

僕も在職中に鬱になり、
3ヶ月間休むように医師に言われたのですが、
一番悩んだのがその期間無給状態が続く事でした。

幸い休職前に人事担当の方が、
傷病手当金制度についてしっかり説明して
くれた為、受け取る事が出来ましたが、
会社によっては傷病手当金があることを教えてもらえない所もあります。

 

そこで今回は、傷病手当金を貰う為の要件から
支給されるまでをまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

傷病手当金制度とは?

傷病手当金とは、会社が加入している健康保険組合の加入者が、病気や怪我などで働けない状態になった時、
支給されていた給料の3分の2の額を支給してもらえる制度です。
傷病手当金の受給には条件があるため、ご自身の条件に一致しているか確認してみましょう。

傷病手当金の対象となる場合

  • 業務外の事由による病気やケガの療養の為の休業であること
  • 仕事に就く事が出来ないこと
  • 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
  • 休業した期間について給与の支払いがないこと

参照:全国健康保険協会

業務外の事由による病気やケガの療養の為の休業であること

業務外の自由により仕事に就くことができないという証明があるときは支給対象となります。

つまり、大きなケガなどで入院が必要な場合だけでなく、自宅療養の期間についても支給対象となります。
ただ、業務や通勤による災害やケガなど労災保険の対象になる場合や美容整形での入院など病気として扱われない場合は支給対象外です。

仕事に就く事が出来ないこと

通常傷病手当金の申請には、入院が必要な場合にしろ自宅療養にしろ医師の診断書と会社の業務を説明する会社が提出する文書が必要です。
医師が業務不能と判断し、かつ会社の業務内容を見て判断が行われます。

連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

業務外の理由で病気やケガになり、療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待期)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。待期には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれます。
また、就労時間中に業務外の事由で発生した病気やケガについて仕事に就くことができない状態となった場合には、その日を待期の初日として起算されます。

この待機という言葉、ちょっとわかりにくいですよね。
つまり、2日休んで3日目に出勤したが、翌日からまた2日休んでしまった。
これでは傷病手当金の支給要件としては成立しません。

土日を含めて3日間連続して休み、
翌日は頑張って出勤したがまたそこから1週間休んでしまった。
この場合は支給要件として成立します。

 

休業した期間について給与の支払いがないこと

上3つの条件に一致したとしても、休職中に給料が支払われている場合には基本的に対象となりません。
例外として、傷病手当金の支給額である平均給与の3分の2より下回っている場合には、給与証明と共に申請する事で差額分が支給されます。

その他、例えば交通事故などで入院が必要となり保険から給与に相当する額が支払われている場合などは給付対象にはなりません。

傷病手当金の支給期間は?

傷病手当金には支給限度があり、一般的に支給が開始された日から最長で1年6カ月の間が支給対象期間です。
これは、同じケガや病状に対して支給される期間であり、異なるケガや病状の場合には別途計算されます。

傷病手当はいくら支給されるの?

前述されている通り、傷病手当金は給与の3分の2となっていますが、具体的な支給額については計算式があります。

支給額は日額で計算され、支給開始日の前12ヶ月の報酬月額を平均した額を30日で割り、そこに3分の2をかけた額が支給されます。

例えば12ヶ月間、毎月の報酬が30万円の場合は

30(万円)÷30(日)×2/3=6600円(日額)

サラリーマンは大体の場合、1年間で給与改定がありますので、
給与が途中で変わった場合にはその平均額から算出されます。
例えば12ヶ月間の最初の3ヶ月が25万円、その後9ヶ月が30万円の場合、

((25×3+30×9)÷12)÷30(日)×2/3=5750円(日額)

 

もし、就職して12ヶ月経たない間に傷病手当金の対象になった場合には
就業した月から支給開始される前月までの給与の平均額または、
被保険者全体の前年度同月の標準報酬月額平均を基準値として
いずれか少ないほうの額を元に計算されます。

この計算式は変更される場合がありますので、
詳しくは対象保険会社のホームページをご確認ください。

 

傷病手当金はいつ支給されるの?

申請後およそ1ヶ月程で、申請書に記載した口座へ支給されます。

傷病手当金はどうやって申請するの?

傷病手当金は日当から算出されるため、給与の支払い状況について勤務先が記載しなければならない箇所があります。
必要な書面は以下の通りです。

登録している健康保険組合の傷病手当金申請書類
HPにpdfがありますのでダウンロード>プリントアウトしましょう。
※もしプリンターなどがない場合には、健康保険組合へ電話をして郵送してもらいましょう。

代表的な健康保険組合のリンクは以下の通りです。

申請書類取得後の流れは以下の通りです。


申請書類へ必要事項を記入する

主治医へ傷病名を記載してもらう

会社へ提出し必要事項を記載してもらう

会社より健康保険組合へ提出

審査

承認されれば1ヶ月程度で入金

まずは自分の勤めている会社の総務部に相談するときちんと教えてくれるでしょう。
もし、教えてもらえないとか嫌な顔された場合には、保険組合に相談してみてください
もしも貰えなかったらどうしようと悩むより、担当部署や統括している組合などにしっかりアドバイスしてもらえば、余計な心配も消えるはずです。
ちょっとした疑問なども専門部署に聞けば解決できると思うので、聞いてみるといいです。

また、人によっては会社へ病状を知られたくないという方もいるかと思います。
その場合は会社へ連絡し必要事項を記載してもらい、
その後主治医へ傷病名を記載してもらい、健康保険組合へ提出しましょう。

傷病手当金を受給することでリスクはあるの?

受給のリスクとしてあるとすれば、生命保険への加入審査でしょう。
生命保険の加入にあたってその傷病の内容によっては加入できない場合があります。
ただ、そのような制限のある保険でも給付終了後5年が経過した後であれば加入可能な生命保険もありますので
まずは目の前にある問題の解決をしていきましょう。

最後に

傷病手当金は、一時的に収入がゼロになり、生活が出来ない状態を防いでくれる非常に有効な制度です。
「仕事をしていないのにお金をもらうなんて・・・」と考える方もおられるかもしれません。

僕も当時は「仕事をしていなければお金をもらう資格なんてない」と思っていた一人です。

ですが考え方を切り替えてみると、
健全な状態だから仕事が出来るのであって、その状態を解決しなければお金を稼ぐことは出来ません。

傷病手当金を貰うという事は、お金を稼ぐ為の準備。
準備も仕事のうちです。

それに、今まで健康保険組合へお金を納めていたのですから、
何かあった場合には保険から給付を受ける権利があります。
あなたがしっかりと自分やご家族を守れるように
ちゃんとした知識を持って、健全な状態になる準備をしておきましょう。

 

休職や退職の関する悩みを誰にも相談できない方は、タムラに相談してみませんか?
実際に僕が経験してきたことを踏まえて、できる限りのアドバイスをさせていただきたいと思っています。

 

-休職・退職しても困らないように, 休職中に使える制度を活用しよう

Copyright© 社会からドロップアウトしても幸せに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.